Kids Perform Challenge

演じた数だけ、子どもは強くなる。

Kids Perform Challengeとは?

KPC
とは?
学び
[お子さま]
学び
[保護者]
親子の「自信」を育てる、<br>体験型・学びプロジェクト。

親子の「自信」を育てる、
体験型・学びプロジェクト。

お子さまには
テアトルアカデミーの総合的な取り組みを通して
たくさんの可能性に巡り合い、生きる力を育てる場として。

保護者の方には
子育ての不安を取り除き、
お子さまとの関わり方を再確認できるような場として。

Kids Perform Challengeは
これまで以上に「親子」に焦点をあてた
体験型・学びプロジェクトです。

取り組みの様子

親子関係や子育て・教育分野のカウンセラーとして、
また中学受験のスペシャリストとして著名な
小川 大介氏※を監修にお招きし、
芸能の枠だけに留まらない取り組みを行います。

小川 大介氏・プロフィール

小川 大介氏

中学受験情報局『かしこい塾の使い方』主任相談員。
大手進学塾で看板講師として活躍した後、中学受験専門のプロ個別指導教室SS-1を設立。その後現職にも就任。教科指導スキルに、声かけメソッド、逆算思考、習慣化指導を組み合わせ、短期間の成績向上を実現する独自ノウハウを確立する。個別面談の実施数は5,000回を数え、受験学習はもとより、幼児・低学年からの能力育成や親子関係の築き方指導に定評がある。著書多数。

演技を通した「学び」は<br>成長の後押しになる

演技を通した「学び」は
成長の後押しになる

「演技」と「学び」。
一見、あまり関係性を感じることのない2つですが、
身体を使いながら、自分と違う存在になりきる「演技」は
お子さまの成長には欠かせない、
さまざまな力を育んでくれるのです。

演技とは自分と違う存在になること

演技とは
自分と違う存在になること。

演技で必要なのは、自分と違う存在になりきり、
「この役だったら、今どんな気持ちなのか?」
と相手の気持ちを
【考え → 読み取り → 理解して → 伝える】こと。
これって、生きていく上で基礎となる
大切な「学び」なのです。

その「学び」は<br>あらゆる分野の成長を後押し

その「学び」は
あらゆる分野の成長を後押し。

幼少期は吸収力が強く、
何事にも楽しんで取り組める期間です。
その時に「学び」の基礎や習慣を身につけることは、
芸能活動はもちろん、勉強やスポーツ、対人関係など
あらゆる分野で成長の後押しとなります。

周りと比べるよりも<br>「信じてあげる」「認めてあげる」

周りと比べるよりも
「信じてあげる」「認めてあげる」

我が子が、周りの子と同じことができなくて
「なんでうちの子は・・・」とストレスを
感じたことはありませんか?
そして、周りと比較してしまう自分に気づき、
さらに自己嫌悪になる。
周りとの違いを個性として捉えてあげたらどうでしょう?

親や子育ては、どうあるべき?

親や子育ては、
どうあるべき?

おそらく、その問いに正解はありません。
それなら、できるだけ苦しまず、不安を抱くことなく
親として、笑顔で子育てができる環境を作りたいですよね。

子育てに笑顔で向き合うために、<br>親としての自信を築く。

子育てに笑顔で向き合うために、
親としての自信を築く。

Kids Perform Challengeは
保護者と子育てについてたくさん話し、
親としての自信を築くことで、
今よりもっとポジティブに
お子さまに向き合えるようになるための
プロジェクトでもあリます。